CUSHMAN(クッシュマン) WW2 ローカットスニーカー 29181

CUSHMAN(クッシュマン) WW2 ローカットスニーカー 29181になります。

第二次世界大戦時、コンバース社が軍に支給をしていたハイカットトレーニングシューズをローカットモデルとしてアレンジをしてリリースをしました。
最もクラシカルなディテールの特徴である。かなりゴツイフォクシングテープ、そして軍のトレーニングシューズらしい無骨なソールです。
基にしたトレーニングシューズ同様、約10mmのヒールが特徴のひとつで内側にはベンチレーションホールがついています。
厚めのインソールにより履き心地が良く、約10mmヒールによりエンジニアブーツとほぼ同じ高さがあり、ブーツにあわせたレングスのボトムでも裾が擦らない状態がキープ出来ますので真夏のショートパンツはもちろん、デニムパンツとの相性もバッチリなのでオールシーズン活躍をするスニーカーです。2カラーのシューレースが付いています。
型番 29181
販売価格 14,904円(税込)

 オリーブカモ
7(25cm)14,904円(税込)
在庫なし
8(26cm)
9(27cm)
10(28cm)14,904円(税込)
在庫なし
14,904円(税込)
在庫なし
購入数

Top